ジャニーズ

長瀬智也「ごめん、愛してる」の視聴率が足踏み状態な理由とは

投稿日:

ごめん、愛してる、は、第2話は視聴率を10パーセントマークしていました。
しかし第6話までの平均視聴率は9.56パーセントと伸び悩んでおり、なかなか2ケタ台には持っていけないようですね。

物語が古臭いから

しかしテレビ誌のライターから言わせると、この内容でこの視聴率は上出来では?
と言う声もあがっています。
その理由としては、物語が古臭いから、と言うものです。

キャスティングは悪くなく、長瀬智也の他にも坂口健太郎や吉岡里帆、六角精児や池脇千鶴などそうそうたるメンバーが並んでいる。
更に中村梅雀や大竹しのぶなど演技が達者であるキャスティングになっているみたいですね。

それぞれ演技としては申し分ないものを持っているようです。
ですが、何故か視聴率が伸びない。
その理由は?
それは、この原作が韓国のもので、放送されたのが2004年と言う13年前のことであることです。
物語が古臭いと言われても、仕方ないと言えますね。

ひと昔前の昼ドラのような話だから感情移入出来ない

ドラマの内容は、金持ちの貧乏人に対する差別や報われない恋など、多くの不幸が登場人物に降りかかる設定です。

当時の韓国はそのようなことが社会問題にもなっていたのですが、今はリアリティあるドラマ、医療関係に移っています。
お涙頂戴なドラマは視聴者に受け入れられなかったのでしょう。
ひと昔前の昼ドラのような内容だから、視聴者に受け入れられなかった、と言う理由もあるようです。

実際、視聴者の声では、悲しい話なのに感情移入出来ない、共感しづらいなどの声が相次いでいます。

多くのヒットドラマを飛ばしてきたTBSが、何故このドラマをリメイクしたのか、今後のストーリーに注目したいものですね。

 

-ジャニーズ

Copyright© エン男ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.