ジャニーズ

関ヶ原大ヒットの岡田准一はキムタク超え確実

投稿日:

8月26日に公開された関ヶ原ですが、僅か9日と言う日数で興行収入10億円を突破しているようですね。

20億円突破も

この公開時期に中高年をターゲットとした映画がなかったためか、リピーターも多く、それが興行収入に繋がっているようです。
ランキングでも1位を獲得しており、最終的に興行収入は20億円も確実かと言われています。

岡田准一が所属しているのはジャニーズ事務所です。

今年のゴールデンウイークには元SMAPの木村拓哉(44)が主演している無限の住人が公開されています。
しかしその後は嵐の大野智の忍びの国が公開され、時代劇作品が映画として続いています。
しかしどちらにも関ヶ原は圧勝しています。

世代交代も近いか?

嵐の大野智と言えば今人気絶頂のジャニーズグループですが、関ヶ原の映画の興行収入はそれよりはるかに上のようです。
数字だけではなく、その内容も岡田准一が演じた西郡の石田三成像を不器用に描いているのが面白い。

狡知なイメージが強かった石田三成だったのですが、新しいイメージを定着出来たようです。
それほど岡田准一の熱演力が凄かったとも言えるでしょう。
日本アカデミー賞の映画賞レース部門を総なめする可能性も高いと言われているほどなんですよ。
そうなると、どうしてもジャニーズ事務所は岡田准一メインになり、そうして過ごすことになります。

同じ時代劇を演じた木村拓哉に土をつけた形になった岡田准一ですが、ジャニーズの今や木村拓哉より、ジャニーズの看板俳優の座を背負いつつあるようですね。
今後ジャニーズが誰を推していくのかは分かりませんが、この時代劇映画では、岡田准一がまさに圧倒的な勝利を得たと言わざるを得ないでしょう。
今後のジャニーズ事務所の動きに注目したものです。
ジャニーズの世代交代も、そう遠くないと言えますね。

-ジャニーズ

Copyright© エン男ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.