ミュージシャン

KICK THE CAN CREWが再結成した理由

投稿日:

若い世代が中心となり、CMにもラップ調の曲が使用されるなど、人気再燃ブームとなっているのがラップです。

デビューから早くもおよそ3年で活動休止

KICK THE CAN CREWは多くのヒット曲を放ったラップブームを牽引してきた存在でした。
しかし結成からおよそ3年で活動を休止しています。
その後は個人でソロ活動をしていたと言います。
グループ休止から14年が経過した今、本格的な復帰を考えだしたのは、退院具、活動の方向性にあったようですね。

今回制作したアルバムKICK!については、「やれと言われた作った曲だと、何を聞かれてもやれと言われたので」としか答えようがない、と告白しています。
今回は自然にリリースすることが出来て良かった、とも述べています。
以前は商業ベースに乗って活動することに疑問を感じていたこともあったようですよ。

自分達の意思と関係のない所でやることが増えると、方向性が変になってしまうのではと言う思いがあったようです。
ただ、今回のアルバムは自分達の意思で決めたもので、3人で出し合ったアイデア、話し合いで生まれたものだから、自信を持って歌えると思う、KREVAはそう伝えています。

マイペースで、自分達の意思を反映した活動をしたい

14年経った今、メンバーは全員40代になっています。
20代の頃とは意識、使うフレーズにも変化があったようですよ。
言葉に対して説得力がなかったり、恥ずかしかったりして、斜めからものを言うことも多かったようですね。
ただ、最近はストレートな物言いができるようになって、そうしたいと思うようになったとも言います。

今後はマイペースで、自分達の意思を反映していく活動を続けたいと言う彼ら。
月に1度3人が集まれば、何かしらアイデアが出てくるので、自分達の発信でやっていきたいと明かしています。

 

-ミュージシャン

Copyright© エン男ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.