政治

舛添要一は月収11万円しかなくカップラーメンを食べて過ごす

投稿日:

番組では舛添氏の自宅を訪れた模様です。
現在の舛添氏をVTRで紹介したのですが、外見はヨポヨポになっていました。

騒動以来、マスコミに追いかけられていたため、自宅の10畳の地下室に1年間こもり切っていたと言います。
辞任した1年2か月前に比べるとその容姿は全く別物だっと言います。

現在ではヨポヨポの姿に

現在の収入も事務所から11万円の月収でしのぎ、貯金を切り崩していると言うんですよ。
そこで、昼はカップラーメンでしのぎ、食費を抑えるため、野菜を栽培したりしていると言います。
月に11万円の生活で、一家の大黒柱でもありますから、野菜栽培などをしてしのぐ。
と言う手段もあり得ない手ではありませんね。

しっかり反省しているように見えない

生活費を稼ぐためにも、メディアへの復帰を望んでいると言う舛添氏ですが、視聴者からは異論の声も聞こえます。
この人は言い訳ばかりだから嫌いだ。
自業自得だろう。
舛添と上西議員はテレビでは見たくはない。
などフルボッコ状態にあるんですよ。

スタジオに登場した舛添氏は、西側史子や村上太蔵から言及されました。
すると、舛添氏は、自分は間違っていないことを思うことを言うのが嫌だ。
と言い訳を展開しました。
馬鹿正直だから、そのまま言ってしまう。
とも述べています。
まだしっかり反省の意思を示していると、視聴者は思わなかったのでしょう。

今後メディアの世界で頑張りたいのであれば、黙って自分の犯した罪を認めても良いのですが。

番組MCの有吉弘行は、番組進行に徹し、直接毒舌を浴びせることはしなかったようですね。
ただ、自身のラジオ番組では、ハゲ暴れ牛とあだ名をつけたこともあると言います。
もし舛添氏がメディアに復帰した際には、新しいあだ名がついているかもしれませんね。

 

-政治

Copyright© エン男ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.