政治

採択した歴史教科書めぐり自民党とネトウヨからの力

投稿日:

松崎一平氏は受験最難関である私立灘中学校の和田博校長です。
この論文は歴史の教科書の際尺をめぐり、具体的に政治権力や右翼の圧力があったと言うことを赤裸々に語っています。
灘中は2015年、学び舎と言う出版社が作っている新規の歴史教科書である、共に学ぶ人間の歴史と言うものを授業で使っているようですよ。

政治権力、右翼派の勢力による圧力のかかった歴史の教科書

産経新聞では16年3月19日、この教科書は灘中以外にも少なくとも国立5校、私立30校で際尺されていると言います。

しかし和田校長が明かした所によると、学び舎教科書を際尺したと言う15年の末に、自民道の会議員から、何故その教科書を採用したのか、という訪問を受けたことが明らかになりました。
年明けにはその灘中出身の自民党衆議院議員からも電話がかかってきており、政府筋からの問い合わせだと断ったと言います。

何故文句が出るのか分からない

和田校長によると、何故自民党衆議院議員から問い合わせが来るのかが分からないと答えています。
教科書に問題があるとするなら、文化省に放すべきだと回答したとも言われているんですよ。
実際、教科書の際尺の権限は校長が持っています。

文化大臣によって教科書検定は4年ごとに行わているようですが、学び舎の学ぶ人間の歴史については直近の平成27年、2015年に検定を通っています。
この教科書を際尺することに問題は1つもありません。

しかし一方では学び舎の教科書は右翼派から強い監視を受けていたと言います。
平成16年度検定以降、学び舎のこの教科書が他の中学校各社が採用しなかったと言う慰安婦にも言及しているからとも言われているからなんですよ。

衆議院議員から問い合わせが来るのも明らかに歴史修正の立場からのプレッシャーであることは間違いないようですね。

 

-政治

Copyright© エン男ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.