投資・節約・経済圏を活用して資産を増やす情報を更新

リーの投資×節約で1億円貯めるブログ

楽天経済圏

楽天SPUの仕組みについて

投稿日:

楽天経済圏を上手に活用する方に知っておいていただきたいのが、独自のポイントアッププログラム・楽天SPUです。

楽天SPUを上手に活用すると、通常のポイント還元率が16倍にもなるお得な特典なのでぜひ注目してください。

楽天SPUについて

  • 楽天経済圏のサービス利用に応じて楽天市場の還元率がアップする仕組み
  • SPUを強化しておくとまとめて利用したいときにお得
  • SPUに反映されるのは全てのサービスが対象とは限らない
  • 他のキャンペーンと併用するとさらにお得になる
  • SPUは定期的に変わるため情報収集をしておくのがおすすめ
  • 会員ランクによってSPUで受け取るポイントの上限が変わる

SPUの対象になる楽天経済圏で提供するサービスを上手に活用するほどお得になりますが、どのサービスでもSPU対象とは限りません。

まずは、この記事を参考にして楽天SPU対象サービスの見分け方などを確認してみましょう!
 

楽天SPUの基本情報

楽天SPUとは楽天が実施している、ポイントアッププログラムです。

楽天関連のサービスを多く利用や加入することで、楽天市場におけるポイント倍率がアップする仕組みとなっています。

通常、楽天市場でお買い物した際のポイント還元は1%ですが、SPU達成項目が増えるとそれに応じてポイント倍率が上がります。

エントリーしなくても、SPU対象のサービスを利用している会員であれば、自動的にSPUの倍率がお買い物に反映されます。
そのためSPUを強化しておくと普段のお買い物がお得になるため、条件を達成できそうなものがあれば積極的に利用するのがおすすめです。

 

SPU完全攻略で市場でのお買い物がポイント16倍

SPUの条件を全て満たした際に貰えるポイントは、最大16倍です。(2020年2月現在)
たとえば楽天市場で1万円分のお買い物をした場合、通常なら1%還元のため付与ポイントは100ポイントとなります。

しかしSPUを全てクリアしてポイント16倍となると1600ポイントが付与されるため、SPUにおける付与ポイント数の差は顕著です。

そしてSPUにおけるポイント倍率は、当月中の楽天市場でのお買い物全てに対して反映されます。
例として、2020年2月のSPUが16倍を達成したとすると、2月中に複数のショップで複数回買ったとしても全ての購入品に16倍のポイントが付きます。

楽天市場での利用金額が高くなるほど還元ポイントの恩恵も大きくなるため、よく楽天市場を利用する人はSPU強化が欠かせません。

 

SPUが反映される楽天市場のサービスは?

SPUにおけるポイントが適用されるのは、楽天市場でのお買い物時に限ります。
よって街中での購入分など、楽天市場以外のお店で買った商品に対してはポイント付与されません。

また、ここで言う楽天市場でのお買い物とは、主に以下を指します。

  • 楽天市場内での通常購入
  • 楽天ブックス
  • 楽天Kobo
  • RakutenFashion

楽天西友ネットスーパーやラクマは楽天系のサービスになりますが、SPU対象外です。
利用してもSPU部分におけるポイントアップ分は受け取れません。

そして楽天の代表的なサービスである楽天トラベルに関しても、楽天市場とはまた別の扱いです。
楽天トラベルを利用してもSPU部分のポイントは付与されませんが、そもそも楽天トラベル自体がSPU達成条件の1つに組み込まれています

つまり楽天トラベル利用した分に付くポイントは通常1%ですが、その他の楽天市場におけるお買い物のポイントには影響を与えます。

 

ポイント付与対象外の買い物もあり

上記のように楽天市場での買い物なら基本的にSPUのポイント倍率アップがおこなわれますが、一部対象外となる買い物も存在します。

代表的なのが金券類です。
換金性のあるものに対してはSPUの倍率が反映されないだけでなく、同一注文内の商品も適用外となることから、金券類購入時は注意しましょう。

また1商品100円未満のお買い物に対しても、ポイント倍率アップはされません。
たとえばSPUが16倍でも、99円の商品にポイントは付かないわけです。

他にも送料やラッピングに関しては、楽天ポイント付与自体が対象外になっています。
1商品1000円で送料が500円の商品を買う場合、ポイントは1000円に対する部分にしか付きません。

SPU16倍だとすると貰えるポイントは160ポイントです。
一方で送料込み1500円の商品購入ですと、1500円全てに対してSPU倍率アップが反映され、240ポイントが貰えます。

 

付与されるポイントのほとんどは期間限定ポイント

楽天のSPUで付与されるポイントは期間限定ポイントという扱いになります。
通常のお買い物分の1%と楽天カード利用で付与される1%分は通常ポイントですが、その他のSPU条件達成によりポイントは期間限定です。

以下の表をご参照下さい。

SPUの達成条件 付与される楽天ポイントの種別
楽天会員による通常のお買い物 通常ポイント1%
楽天カードでのお買い物 カード利用における通常ポイント1%と
期間限定ポイント1%
その他のSPUサービス利用 期間限定ポイント
(付与ポイント数は各サービスに応じる)

このようにSPUで上乗せされるポイントはほぼ全て期間限定ポイントのため、ポイントの消費戦略に関しても考えておくのが望ましいです。

通常ポイントと違い消費し忘れが生じやすいものとなりますので、SPUの倍率が高くSPUによるポイント上乗せが大きい人ほど気を付けましょう。

 

通常ポイントとの違い

通常ポイントの有効期限が1年なのに対し、期間限定ポイントは期限がもっと短く設定されております。

キャンペーン内容によってその期限は異なりますが、SPUによる期間限定ポイントは付与された翌月末までです。

たとえば2月のお買い物におけるSPUのポイントは、3月中旬もしくは4月中旬に反映されます。
3月中旬に反映された場合は4月末まで、4月中旬に反映された場合は5月末が有効期限です。
よっておおよそ45日間で消費しなければいけません。

また通常ポイントですと、期限内に新たなポイントが付与されることで有効期限が伸びますが、期間限定ポイントですとそれもありません。

つまり付与されてから約45日で使い切らないと損しますので、SPUで付与されたポイントの消費方法も検討しておきましょう。

たとえば楽天モバイルや楽天でんきの支払いなど、毎月欠かさず利用するサービスに充当するのが、忘れにくくおすすめです。

楽天ポイントを消費する際は期間限定ポイントから優先的に消費されていくため、使う仕組みさえ整えておけば消費し忘れを防げます。

 

SPUはその他キャンペーンとの合わせ技が有効

SPUで得られる最大ポイント倍率は16倍ですが、他のキャンペーンと併用すると倍率をもっと高めることも可能です。
併用しやすいキャンペーンとして、以下があります。

  • 楽天スーパーセール
  • 楽天お買い物マラソン
  • 5と0のつく日
  • 買ったら倍

楽天スーパーセールとお買い物マラソンは、期間中ショップの買いまわりイベントを実施します。
利用するお店が1店舗増えるごとに、ポイント倍率が1倍上がっていくというルールです。

最大で10倍まで付与される他、ショップが独自にポイント倍率アップをすることもあり、最大で44倍まで期待できるイベントになります。

楽天スーパーセールの説明ページ

5と0のつく日は、5か0のつく日に楽天カードでお買い物をすると、2倍ほど倍率アップするキャンペーンです。
SPUの16倍と合わせて、最大で18倍にできるチャンスです。

5と0のつく日の仕組みの説明ページ

勝ったら倍では、楽天がスポンサーあるいは運営している以下の3チームが勝利した翌日に、ポイント倍率が上がります。

  • 楽天イーグルス
  • ヴィッセル神戸
  • FCバルセロナ

1チームが勝利すると1倍アップ、2チーム同日勝利なら2倍アップ、3チーム勝利では3倍アップです。

そのためSPUとの合算で最大17倍となるため、試合翌日を狙ってお買い物をするのもおすすめです。

買ったら倍の仕組みの説明ページ

 

SPU達成条件を個別解説

SPUでは対象サービスを一つ利用するごとに、ポイント倍率が少しずつ上乗せされていく仕組みです。

サービス全ての条件を満たすことで最大16倍となりますが、条件の中には達成しやすいものもあればそうでないものもあります。

また1度の設定でずっと倍率を維持できるものもあれば、毎月購入が必要なものもあるため、毎月16倍を維持するのはわりと困難です。

楽天ヘビーユーザーの方でも、常に16倍を維持できている人は少ないでしょう。
SPUアップだけを目的として不要なサービスの申し込みや購入をおこなっては、本末転倒です。

あくまでもSPUは手段として捉え、簡単に達成できるサービスや、自分に合ったサービスに照準を絞ることも必要かもしれません。

SPU達成条件にはどのようなものがあるのか、個別に掘り下げてみていきましょう。

 

楽天市場アプリの利用で0.5倍アップ

楽天市場アプリから楽天市場のお買い物をすることで、SPUが0.5倍アップとなります。
200円に付き1ポイント加算のためわずかではありますが、実行するうえでの労力がほぼかからず、お金をかけずに倍率アップができます。

ハードルが低いため、欠かさずおこなうべきSPUです。
注意点として、ポイント0.5倍アップになるのは、アプリ経由でお買い物をした分に対してのみです。

たとえば同月中にアプリで買い物していた場合でも、ブラウザからおこなった別のお買い物のポイントアップはおこなわれません。
そのため買い物をする際は忘れずにアプリを起動しましょう。

 

楽天カード利用で2倍アップ

楽天市場でのお買い物時にお支払い方法を楽天カードにすることで、ポイント2倍アップとなります。
2倍アップの内訳は前述の通り、1%分がカード支払いにおける通常ポイント、残り1%分がSPU特典分です。

達成することで2倍アップと、他の条件に比べると比重が大きいことから、できるだけ達成しておきたい項目になります。
楽天カードは入会金及び年会費無料のカードですから、作成における負担はありません。

買い物の支払いを楽天カード経由にするだけでポイント2倍となるため、SPUの中でも費用効果が良い部類に入ります。

また、SPUだけでなく他の楽天キャンペーンにおいても、ポイントアップの条件が楽天カード利用となることが多いです。
街中で利用する際も、他のクレジットカードと比較してポイント還元率の高いカードですから、楽天経済圏強化目的以外でも魅力的なクレジットカードであることは間違いないでしょう。

 

楽天プレミアムカードならさらに2倍アップ

楽天カードですとSPUは2倍アップにとどまりますが、上位カードの楽天プレミアムカードなら4倍の倍率が付きます。

通常のお買い物における1%と合わせると、楽天プレミアムカードで支払うだけで常時5%の還元が受けられる状態です。

ただし楽天プレミアムカードは年会費が11000円ほどかかります。
よって年間で11000円以上ポイント還元を受けられるか判断したうえで、加入を検討しましょう。

単純計算すると、楽天市場において年間で22万円以上のお買い物をする予定がある場合は、楽天プレミアムカードに加入する価値は十分あります。

また楽天プレミアムカードにすることで、国内空港ラウンジ利用のサービスやプライオリティパスなどの付加価値も付いてきます。

もう一つ楽天が発行しているクレジットカードに、楽天ゴールドカードもあります。
楽天ゴールドカードは、2021年4月よりSPU4倍の対象外となり、通常カードと同じくポイントアップは2倍です。

年会費2200円ほどかかりますが、SPUによる恩恵は受けられません。
よってSPU以外の特典に魅力を感じるかどうかが判断材料となりそうです。

 

楽天モバイル利用1倍アップ

楽天モバイルの通話SIMプラン利用でも、SPUが1倍アップします。
2021年4月から開始される楽天モバイルの新料金プランには、1G以下の利用料金が0円のUN-LIMITⅣというものがあります。

その他の通信事業者ですと、回線契約をしている場合、全く使用しなくても基本料金が発生します。

しかし楽天モバイルの新料金プランでは、回線を使用せずただ契約しているだけの状態なら0円で収められます。

つまり、SPU条件達成のためだけに回線契約を結ぶこともできるわけです。

Wi-Fi環境が整っている場合、楽天モバイルにおけるモバイルデータ通信を1GBに抑えることも可能でしょうから、Wi-Fi端末として使ってもよいでしょう。

もちろん楽天モバイルは他社と比較しても通信料が安いですから、SPU目的だけに留まらず、楽天モバイルをメイン端末として使用するのもおすすめです。

RakutenLinkというアプリ経由での電話なら、通話料もかかりません。
SPU目的のために置いておくだけでもいいですし、回線を活用して固定費の削減を目指すこともできるため、使い道はさまざまです。

 

楽天カードの引き落としを楽天銀行にすると1倍アップ

楽天カードの引き落としを楽天銀行にすれば、SPUが1倍アップします。
一度仕組みを作ってしまえば、ずっとポイント1倍アップが反映されるため、こちらもぜひ達成しておきたいSPUです。

楽天銀行の口座は1人で複数所有することもできるため、クレジット用口座と生活費用口座など、使い分けることも可能です。

注意点として、口座が残高不足になり引き落としの遅滞が発生した場合はSPU倍率アップが適用されません。

楽天銀行は楽天証券とマネーブリッジで連携させることで、普通預金金利が0.1%にアップします。

普通預金金利0.1%は他行と比較すると非常に高い金利ですから、楽天口座を開設して損はないです。

 

楽天証券で500円以上のポイント投資をおこなうと1倍アップ

楽天証券で毎月500円以上の投資信託を、ポイントも使って購入することでSPUが1倍アップします。

毎月500円以上のポイント投資と聞くと、500ポイント使わなければいけないという勘違いがおきやすいです。

しかし実際は500円以上の投資信託購入時に、1ポイントでも含まれていれば、500円以上のポイント投資と見なされます。

そのため利用するポイントは1ポイントのみで大丈夫です。
楽天証券の投信購入を楽天カードでおこなうと、購入分に対して1%のポイントが付きます。

500円分をポイントで支払った場合、その500円に対してはポイント付与されません。
一方で1ポイントのみ使用する設定にしておけば、残りの499円分に対するポイント付与が発生します。

よって細かいことではありますが、投信購入におけるポイントを最大化したいのであれば、ポイント設定は1ポイントのみにしておくことがおすすめです。

注意点として、ポイント投資の設定時に楽天ポイントコースと楽天証券ポイントコースがありますが、楽天ポイントコースを設定しましょう

SPU1倍アップの対象となるのは、楽天ポイントコースのみです。

 

楽天ブックスおよび楽天koboの利用で各0.5倍アップ

楽天ブックスおよび楽天Koboで1000円以上のお買い物をした月は、SPUの倍率がそれぞれ0.5倍アップします。

ポイントアップの条件が商品の購入になるため、ハードルがやや高いです。
SPUのためだけに購入する必要性は薄いですから、本当に購入を検討している時だけ、楽天ブックスおよび楽天koboを積極的に活用するくらいのスタンスが丁度よいでじょう。

SPUアップの対象になるのは、1回の注文が1000円以上の時です。
ひと月において複数回購入した合算が1000円以上の場合は対象外となります。

よってコミックスなど単価の低いものを購入する時は、まとめ買いをして1000円以上となるように工夫しましょう。

 

楽天ファッションアプリからの購入で0.5倍アップ

RakutenFashionで月に1度以上の利用があれば、SPUが0.5倍アップします。
こちらも楽天ブックスなどと同様で、購入する機会があれば狙ってみるとよいでしょう。

条件適用となる最低金額は定められていないため、購入する商品の金額は気にしなくて大丈夫です。

ただしRakutenFashionアプリからの購入が条件となっており、ブラウザからのお買い物は対象外になるので注意しましょう。

RakutenFashionはブランド品中心の取り扱いですから、ファストファッションが好きな方にはあまり向きません。
一方でスーパーDEAL対象商品も多くあるため、ブランド品をお得に購入したい人にはピッタリです。

 

楽天ビューティーおよび楽天トラベルで対象額以上のサービス予約で各1倍アップ

楽天ビューティーおよび楽天トラベルのサービスを予約して実行することで、その月のSPUは各1倍アップします。

どちらも最低利用金額が定められており、楽天ビューティーでは1回3000円以上、楽天トラベルでは5000円以上です。
当然ですが、予約した後きちんとサービスの利用をしないと対象になりません。

予約だけしてキャンセルした場合はSPU倍率アップが適用されないですから、本当に必要な時に予約するようにしましょう。

また、どちらも予約月のお買い物がポイントアップの対象となります。
よって楽天市場で大きな買い物をする予定がある月に合わせて、予約するのが良いかもしれません。

楽天トラベルの方は、予約した月の翌々月末までに旅行した場合のみSPUに反映されます。
そのため人気宿のキープなど早くから旅行予約をする時には不向きで、出張利用の際などに適しています。

 

楽天でんき加入で0.5倍アップ

楽天エナジーが運営している楽天でんきの利用でも、SPUが0.5倍アップします。
楽天でんきの料金プランは従量課金制です。

多くの電力会社では基本料金が定められていますが、楽天でんきはそれがなく、使用した分だけ料金が発生するというシンプルなプランになっています。

楽天でんきはこちらに詳しく掲載中

楽天でんきの仕組みを解説

旧一般電気事業者をご利用の家庭ですと、楽天でんきに乗り換えることで月々の電気代を節約できるケースが多いですから、楽天でんきの加入を検討しても良いかもしれません。

楽天エナジーでは楽天ガスの取り扱いもありますが、そちらはSPUの対象外です。
ただし楽天でんきと楽天ガスをセット利用することで、通常なら楽天ポイントが200円につき1ポイント付くところが、100円につき1ポイントへとアップします。

楽天ガスは取り扱いエリアが限られているため利用ハードルは高いですが、SPUのために楽天でんきへの加入を検討しているようであれば、楽天ガスとの抱き合わせも検討してみましょう。

 

楽天ひかり加入で1倍アップ

楽天ひかりのマンションプランもしくはファミリープランを利用することで、SPUが1倍アップします。
こちらも他社サービスと比較検討余地がある部分のため、実行ハードルは高いですが、条件に合うようなら加入するとよいでしょう。

とはいえ楽天ひかりは他社よりも数百円程度、月々の利用料金が安いです。
通信速度や契約期間の問題もあることから、一概に全ての人におすすめというわけではありませんが、ひかりへの新規契約を考えている人なら視野に入れておきましょう。

 

楽天カード払いでの楽天保険加入で1倍アップ

楽天保険の対象保険を、楽天カードで支払うことによりSPUが1倍アップします。
対象保険の中で最安プランは、年間2400円の楽天カード超かんたん保険持ち物プランになりますが、こちらは内容変更に伴い年払いのみ可能となりました。

SPUが反映されるのは、保険料を支払った翌月分のお買い物に対してです。
そのため年払いプランですと、年に1回のみしかSPUアップ対象となりません。

よって年間を通じてSPUを1倍アップさせるには、月払いができる商品を選ぶ必要があります。
生命保険や医療保険なら月払いのものがありますので、そちらを検討してみましょう。

とはいえ安めのプランを選んだとしても、月々1000円以上の支払いとなることがほとんどですから、SPUのためだけに加入するのは現実的ではありません。

他社の保険と内容を比較検討したうえで、自分に合いそうなら加入することをおすすめします。

 

楽天パ・リーグspecial加入で1倍アップ

楽天TVの楽天パ・リーグspecialに加入した場合も、SPU1倍アップです。
以前はNBAのプランも選べましたが、現在ではパ・リーグspecialのみに変更となったため、条件に適合する人は少ないかもしれません。(2021年2月現在)

また2021年3月末でSPUの対象から外れることも決まっていますので、新規加入する必要性は皆無です。
SPUは関係なく、純粋にテレビでプロ野球を楽しみたい人のみ加入しましょう。

パ・リーグの試合であれば公式戦だけでなく交流戦も視聴できるため、野球ファンにとっては魅力のあるコンテンツとなっています。

 

楽天パシャのトクダネを100ポイント獲得で0.5倍アップ

楽天Pashaというアプリで、トクダネと呼ばれる対象商品購入後、レシート情報を送信して100ポイントを貯めた月はSPUが0.5倍アップします。

トクダネに関してはさまざまなジャンルがありますが、基本的にはコンビニ商品や洗剤などの日用品です。
注意点として、先にトクダネで商品を指定し商品タップ後でないと、レシート登録してもポイントが付きません。

購入予定のある商品がトクダネに上がっている際は、負担なくポイントをゲットできるため試してみましょう。
また、時々キャンペーンで一度に大量ポイントがゲットできる商品が、トクダネになることもあります。

そのようなチャンスを活かすと、月100ポイント達成はそれほど難しくないため、SPU目的で挑戦してみるのも良いでしょう。
多少の労力はかかりますが、ハードルはそこまで高くないため、実施しやすいSPU項目の一つです。

 

楽天SPUの注意点

SPU条件を達成しポイント倍率を高めれば、同月内の楽天市場におけるお買い物が全てポイントアップされるため、非常に魅力的なプログラムです。

しかしSPUには独自のルールが多く、仕組みが分かりにくいのも事実でしょう。
注意点を把握しておかないと、ポイントを効率よく貯めることができません。
SPUを利用するうえで知っておくべきことをまとめます。

 

SPUの内容は定期的に変更される

この記事を通じてお分かりいただけるでしょうが、楽天SPUの内容はこまめに変更されます
ポイントアップ倍率の変更もよくおこなわれるため、SPUを活用するには定期的に確認をしておく必要があります。

特に楽天関連で新しいサービスが展開された時は、それがSPUへ組み込まれる傾向が強いです。
あまりSPU制覇だけにこだわってしまうと、必要のないサービスを利用することに繋がります。

楽天カードの使用など、今後もSPUから除外される可能性が低いサービスに関しては積極的に利用したいですが、そうでないものに関しては検討する余地を持つようにしましょう。

もちろんSPUからサービスが外れる際は、サービス解約もできますし返金制度などがきちんと設けられます。
よって将来的に既存サービスがSPUから外れてしまっても損をすることはないです。

あくまでも、自分に合うサービスを見極めるというスタンスを持ちつつ、SPUと付き合っていきましょう。

 

獲得ポイントには上限あり

楽天SPUによって獲得できるポイントには、上限が設定されています。
上限以上のお買い物分に対しては、通常購入の1%と楽天カードの通常1%分のポイント付与のみです。

そのため上限ポイント以上のお買い物になりそうな場合は、翌月以降に持ち越すなど工夫が必要です。
上限ポイントに関しては、会員ランクとサービス内容によって、個別設定されています。

楽天ではSPUの倍率とはまた別に、ポイント獲得数と回数に応じて、会員を以下5つにランク分けしています。

  • レギュラーランク
  • シルバーランク
  • ゴールドランク
  • プラチナランク
  • ダイヤモンドランク

それぞれのランクに応じてSPUで受け取れるポイントの上限額が変わる他、SPUの対象サービスによっても上限設定は異なります。

たとえば楽天トラベルのSPUで付与される上限ポイントは、プラチナランクでは12000ポイントなのに対し、レギュラーランクでは5000ポイントです。

もう一つ例を挙げると、ダイヤモンドランクが楽天ブックスのSPUで受け取れる上限は15000ポイントですが、ゴールドランクですと9000ポイントにとどまります。

このように、それぞれ上限設定が異なるため非常に複雑ですが、ほとんどのケースにおいてSPUの上限はさほど気にする必要はありません。

一番ポイント上限が厳しく設定されている項目でも、ひと月あたり50万円程度のお買い物をしないと、上限を超えることはないからです。
50万円を超える買い物となりそうな時のみ、意識するとよいでしょう。

 

月末時点での倍率が適用される

SPUの倍率は、月末時点での状態により決定します。
たとえばSPU対象サービスを解約予定の月に大きな買い物を控えている時などは、解約を待った方が良いパターンもあります。

他にも、大きな買い物をおこなう月に合わせてサービスを申し込むなど、月末のSPU倍率を上げるような工夫をすることが望ましいです。

お買い物時点でSPUの条件をクリアしていなくても、月末時点で達成していればポイントアップがおこなわれます。
ただしSPUサービスの中には、申し込み時点ではなく利用開始した時点から倍率アップが反映されるものもあります。

申し込みに時間がかかると同月の倍率アップを逃してしまうケースも考えられます。
せっかく楽天市場でお買い物をするのならSPUを1つでも多く達成している方がお得ですから、タイミングに気をつけてサービスを利用しましょう。

 

まとめ

楽天のポイントアッププログラムの一環であるSPUは、対象サービスを数多く利用するほど楽天市場でのお買い物がお得になる仕組みです。

最大でポイント16倍まで上げられるため、高額な買い物をした際などは得られるポイント数が大きく変わります。
ポイント還元の恩恵をなるべく受けるには、SPUを1つでも多くクリアしておくことが重要です。

とはいえSPU対象サービスの中には、実施しやすいものもあれば、難易度が高いものもあります。
月々の購入が条件になっているサービスをクリアしようとすると、無駄買いに繋がってしまうことも考えられます。

賢くSPUを利用するには、必要なサービスとそうでないものを見極めることも大切です。

SPUはあくまでも楽天市場でのお買い物をお得にする方法の一つですから、ほどよく取り入れていきましょう。
楽天アプリでのお買い物や楽天カードの作成など、費用発生を伴わないサービスから始めてみるのがおすすめです。

-楽天経済圏

Copyright© リーの投資×節約で1億円貯めるブログ , 2021 All Rights Reserved.