スポーツ

ネイマールのパリSG移籍はやっぱりメッシを超えられないから?

投稿日:

ブラジルの代表ネイマールは、今、クレ(バルサ・ファン)の怒りの声が絶えないと言います。
それは一体何故なのでしょうか?

バルセロナからパリSGに移籍

実は違約金は史上最高となる2億2,000万ユーロ、およそ283億8,000円となっており、ネイマールの年俸は3,000万ユーロ、つまりおよそ38億7,000万円とも言われているほどなんですよ。
それだけのお金を詰まれていつつ、移籍を考えていると言うことは、何かネイマールに所属チームに対する不満があったのでしょうか?

しかもこれに出場給やボーナスが加算されるのですから、バルセロナでの条件が大幅に上回っているとは言い難いのです。
それでこそ、ファンの怒りを被ったのも仕方ないかもしれません。
昨年の21年6月までの新契約にネイマールはサインをしたばかりなんですからね。

巨額の違約金も設定されて、ホッとしたファンも多いはずです。
しかし移籍報道が飛び交うとバルサ残留の危機感を催すファンも多かったようです。

200パーセントないと否定しつつも・・・

ジョルディ・メストレ副会長も、200パーセントそれはないと否定しても、パリSGオーナーであるカタール・スポーツ・インベストメンツの資金力でもってすればあり得ない移籍と言うのは充分に考えうることであったでしょう。
ネイマールが移籍を希望、満額の違約金を用意した段階で、もう食い止めることは出来なくなってしまったのです。
何故ネイマールのバルサ愛は冷めてしまったのでしょうか?
最大の理由としてあげられるのはバルセロナでは王になれないからだと言うことでしょう。

バルセロナでの王はあくまでリオネル・メッシであり、年俸も4,000万ユーロ、およそ51億6,000万円と言われています。
ネイマールのプライドが、2番手と言うことを後押ししたと言うこともあるようですね。

同量からライバルへと変わったメッシは、今後どのような活躍をパリSGで見せてくれるのでしょうか?

-スポーツ

Copyright© エン男ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.