スポーツ

シャルケ内田篤人は怪我から復帰してもう一度日本代表に戻れる?

投稿日:

DFBポカール1回戦では遠征メンバーから漏れており、内田の現在の立ち位置は芳しくないものと言えます。
ドメニコ・テデスコ新監督の基本システムと言うものは3-4-3と言うもので、内田にとって右ウィングバックが肌に合いそうなイメージになります。

最後尾からのスタート

しかしテストマッチでは不慣れな左ウィングバックで試される機会も多く、内田が思うようにはアピールが出来なかったようです。
つまり最後尾からのスタートとなり、トレーニングによって指揮官の信頼を掴むことが最初の課題となっているようですよ。

まず8月19日に控えているRBライプツィヒとプンデスリーガ開幕戦で、7人のベンチ入りのメンバーに入れるかどうかに注目が集まっているようです。
現在シャルケは負傷中のアレッサンドロ・シェプフを除いた全選手が起用出来る状態です。
トップチーム登録のフィールドプレーヤーは27人ですが、そのうちドニス・アブディジャジ、シドニー・サムは構想外とされているようです。

レンタル先を模索しているベルナルド・テクペティも退団が濃厚で、この4人を除いた23人が開幕戦のメンバー入りを目指しています。

ライバル達は個性豊か

内田が道ウィングバックとして入った場合のライバルとしてあげられるのはダニエル・カリジューリとコケだと言われているようですね。

ただ、内田がリーズ有数の実力者と称されているのは右サイドバックとしてなので、ウィングバックで飛躍するには攻撃力や得点力が必要となります。
また同じユースあがりのセントラルMFであるウェストン・マッケニーと共にサプライズ提供もあるかもしれないとのことです。

今季から古株となったシャルフの内田はシャルカー達の間でも人気は衰えることはないと言います。
今後はどうなることでしょうか。

-スポーツ

Copyright© エン男ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.