スポーツ

人類最速の男ウサイン・ボルトはは全治3か月だった

投稿日:

ジャマイカのウサイン・ボルトは人類最速の男とも呼ばれています。
しかし陸上世界選手権の男子400メートルリレーのレース途中、左太もも裏側に痙攣を起こし、ラストランが途中棄権と言う結末を迎えました。

人類最速の男ウサイン・ボルト

その怪我の状況について、ボルト選手は全治3か月だと明かしています。

男子100メートルでは米国のジャスティン・ガトリンと接戦の末、銅メダルに終わったボルト選手ですが、自身の最終種目の400メートルリレーは己の全てをかけるラストランだと言われていましたね。

しかしアンカーを務めたボルト選手に走り始めてすぐに異変が訪れます。
医療スタッフやチームメイトが囲んでも、ボルト選手自身、しばらく立ち上がれなかったと言います。

ジャマイカチームからは招集所が寒すぎたなど、大会の運営に疑問を呈す言葉も出ており、ボルトは負傷していないのではないか?
と言う疑惑の声もあがっているようですよ。
しかしボルト選手は17日のツイッターで怪我の詳細を述べています。

肉離れしてしまった、少し休むよ

残念なことに、肥田氏脚ハムストリング、大腿二頭筋の接合部が肉離れしてしまい、3か月のリハビリ期間が必要だろう。
いつもなら診断結果を公にしないが、今回は負傷しているか疑問視している声が聞こえたので公表する。
ボルト選手はツイッターで述べています。

己の負傷が真実だったと述べたボルト選手ですが、この投稿はすぐに削除された模様です。
一方で、ファンを誤魔化すための行動はしないし、世界陸上で優勝したい野心はファンと最後の時間になった。
少し休むよ、自分の人生の次章に移るためにも、と記していたと言います。

スプリンターとして最後までプロ意識を貫いたボルト選手は世界中のファンにそう伝えたかったのかもしれませんね。

-スポーツ

Copyright© エン男ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.