タレント

赤江アナが出産後初生声、ひふみん似なの?

投稿日:

22日に電話で生出演した赤江珠緒ですが、7月に第1子となる女児を出産しています。
その後、メディアに登場するのは初めてのことです。

出産後初めてのメディア登場

午後2時すぎに登場し、出産時を振り返ったと言います。
赤ちゃんの顔を見た瞬間、ビックリした、と赤江珠緒は明かしています。
何故ビックリしたのでしょうか。

その理由は、顔が将棋棋士の加藤一二三にそっくり。
と言いだし、今は大相撲の豪栄道になった、と続けました。
母乳を良く飲んで、よく眠ってくれると言っています。
医師からは、体重が増えすぎている、と怒られたと生放送で告げています。

更に、出産するまでは2日がかりの難産だったことも明かしています。
子宮口がなかなか開かず、陣痛促進剤を使用したと言います。
その結果、痔を患ったと言っています。
ただ、絶対に負けられない戦いだった、と述べていたようですね。

オリジナル子守歌を聞かせている

子供に対しては、赤江自身のオリジナル子守歌を聞かせており、番組の中では2曲を歌唱サービスしたようですね。

赤江アナは先月28日の同番組の放送で、こう言っています。
昨日7月27日、スイカの日にスイカのように膨らんだお腹から、無事に女の子が生まれました。
応援していただいたリスナーの皆さん、スタッフや出演者の皆様に、取り急ぎお礼、ご報告まで。
本当にありがとうございました。

等、出産の報告をしたと言います。

彼女は08年11月にテレビ朝日社員と結婚しています。

オリジナルの子守歌と言うのが気になる所ですね。
アナウンサーと言うこともあって、さぞかしその歌声もうまいことなのでしょう。
赤ちゃんにとってはママの歌が一番の安らぎでもあります。
ただ、陣痛促進剤を使って2日がかりでの出産はかなりの大変さだったと思われます。

そんな中、元気な赤ちゃんを産み、育てている赤江アナが復帰するのはいつになるのでしょうか。

-タレント

Copyright© エン男ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.