タレント

乙武洋匡氏がモラハラ離婚でテレビに出ることが出来なくなった!?

投稿日:

不倫の第一報を報じたと言われている週刊新潮では、元妻の仁美さんが訴えているのは乙武洋匡氏とその不倫相手の2者であると言います。

今後の起用はNGに?

これで乙武洋匡氏を番組で使いにくくなったことは確かで、自分のことでなくても、他人の離婚、不倫の話にコメントをして、番組自体が訴えられるようになったらマズイ、と情報番組のディレクターは離しています。

このディレクターは不倫騒動前に乙武洋匡氏を起用したことがあるようですが、今後の起用はNGになったと言います。
今回の提訴は昨年11月27日放送のワイドナショー(フジテレビ系)に乙武洋匡氏がVTR出演した際の発言によるものだったと言います。

乙武洋匡氏は不倫騒動を振り返り、妻は前から自分がやらかしてしまったことは知っており、家庭内では暗黙の領域になっていた、離れたほうが子供達のため、と言うのがやはり大きかった、と話していたようですね。
しかし内容が事実と反するとされ、実際の離婚理由は乙武洋匡氏のモラハラだったと言われています。

モラハラとは一体何?

モラハラとはモラルハラスメントを略したもので、言葉、態度による精神的暴力のことを指します。
特徴としては被害者に罪悪感を与え、その支配下で価値観を都合よく変えていくものだと言います。

伝えられている乙武洋匡氏のモラハラは凄まじいもので、仁美さんが宴会を繰り返す乙武洋匡氏に友人を呼ぶのを控えてと言うと、それならお前の両親も呼ぶな、と言い返したと言います。
更に子供を送迎バスに送り出すために一旦自宅を出ると、何分待たすんだ!
と怒鳴り、ある時など、俺の面倒を見ないと障害者虐待防止法で訴えるぞ!
まで言っていたそうです。

これが真実なら、モラハラでもより深刻な状態だと言えますよね。

-タレント

Copyright© エン男ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.