タレント

ロバート・ダウニー・Jrの日本嫌いはなんでなのか?知っておきたい事

投稿日:

丹波あかねさんによると、スパイダーマン・ホームカミングで来日した主演のトム・ホランドと監督のジョン・ワッツ、ダウニーは来ないのか、とファンの間で日本嫌い説が流れる中、ダウニーにはリクエストが世界中から出ており、どこの肉にも行けていないのは撮影のためだと思う、少なくとも日本を嫌いなったのではないと明かしています。

日本嫌いにはなっていない?

ダウニーが来日した際には、初日記者会見があり、ベールの向こうにダウニーが登場するとライトが当たり、幕が上がる演出だったのですが、ダウニーは落ち着いて、と逆になだめてくれたりと、至極丁寧だったと言います。
またスタッフ全員と集合写真を撮ってくれるなど、ナイスガイなダウニーを見ることが出来るエピソードばかりが連なります。

しかし食あたりにあったのは事実なようで、初日は昼には個別の取材、夜にジャパンプレミアがあったそうです。
しかし昼の取材は全てキャンセル、夜のプレミアでは5,000人以上の人が待っているわけで、プレミア会場で盛り上がるファンを制止する中、インカムでダウニーがホテルを出ました、と聞いた、それくらいドキドキしたと話しました。

プライベートを割いても取材をしてくれた

インカムで連絡の際には今日キャンセルした取材は明日します、とも言ってくれたようで、プライベートの時間だったはずなのに、プレミアの上映中にはスタッフルームに集まり、取材スケジュールを組みなおし、本当に翌日に取材をしてくれたダウニーだったそうです。

さすがトニー・スタークだと思った、と丹波あかねさんは語っています。
全キャンセルで突き落とされた後だっただけに、取材を組みなおして行ってくれた時は感動したとも語っています。

ダウニーが今後日本に来ることになれば、今度こそは食あたりはせずに、日本を満喫してもらいたいものですね。

 

-タレント

Copyright© エン男ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.