タレント

斉藤由貴が言ってはいけない事を!被害者している?

投稿日:

斉藤由貴と言えば、CMでは可愛いお母さんぶりを演じています。
ただ、所属事務所の広報部は報道の内容を確認中で、事実確認を踏まえ、検討する、と述べています。

CMでは可愛いお母さんを演じているのに・・・

ラジオで斉藤由貴は「メシがまずい」と2回発言し、「友人とイタリアンい行ったけれど、美味しいと味わうことが出来なかった」、とグチっていたようです。

どのようなイタリアンに行ったのかは不明ですが、斉藤由貴ともなれば、当たり前のようなイタリアンに行ったわけでもないでしょう。
それこそ、芸能人御用達のような店へ行っている訳ですから、「メシがマズイ」と言うのは本人の体調の変化かもしれません。

視聴者からは批判の声殺到

この発言に対し、インターネット上では批判の声が相次いでいます。
「不貞カップルの方がよっぽどメシがまずい」「お前が言うな!」と言ったようにツッコミが起きているのです。

ため息を漏らしているのはマスコミ関係者で、こんな発言をこの時にするのが斉藤由貴らしい。
マイペース過ぎる所が根源、と言っているようです。

男言葉をあえて使う斉藤由貴にファンは魅力を感じるようですが、斉藤由貴ももう50代です。
品のない言葉で、批判が相次いでもおかしくないと言えますね。

CMでは可愛いお母さんを演じていた斉藤由貴ですが、近い将来、あのCMをテレビの中で見つけるとは二度とないかもしれません。

あえて男言葉を使う斉藤由貴に対してして、ぎゅっとくる男性も多いようですが、やはり年齢と共に言葉の使い方も学んだほうがよいかもしれませんね。
今後ラジオで同じような言葉や物言いが続くようなら、ディレクター始め多くのスポンサーに迷惑をかけること間違いないかと思われます。

 

-タレント

Copyright© エン男ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.