タレント

高畑淳子がびっくり!御用記者にブチまけた「裕太の逮捕」大批判

投稿日:

現場になったのは7月に記者達を集め行われた主演舞台土佐堀川(10月公演)のポスター撮影の取材会でのことだったようですよ。

事実ではなかったことを修正しない

逮捕されたものの、最終的には不起訴処分になった裕太の事件に関して、事実でないことを報道修正しないことに疑問を感じているとマスコミ批判を展開しました。
更に、歯ブラシを持ってきて、と呼びつけ、いきなり引きずり込んだ事実はなかったと裕太の無実を主張したようです。

なかったことはなかった、と毎晩2時間ほど心の中で1人記者会見していると、自身の心境まで語り、不満を記者に告げたのです。

もともと、舞台ええから加減で藤山直美とダブル主演を務める予定だった高畑淳子だったようですね。
しかし藤山が乳がん手術の療養により休演することになったので、作品を土佐堀川に変え、高畑敦子1人で穴埋め主演を務めることとなったようです。
そのような事情もあり、主催者サイドは高畑淳子に借りがあったと芸能関係者は詳しく述べています。

裕太について語るのを前提に取材会が開かれた

プロモーション目的の取材会を高畑淳子に提案した際に、自分も言いたいことがある、と裕太について語るのを前提に取材に挑んだと言います。
キツイ質問が飛ばない取材記者だけが集まった取材会では、高畑淳子は思いのたけをぶつけ、大きく報道されたようですね。
言いたくても言えなかったことを一方的に言うことが出来て、彼女も気分が良くなったようです。

裕太はと言うと、人間不信に陥り、テレビ業界の人間とは連絡を絶っていると言います。
唯一、自宅に長いつきあいの演劇仲間だけが訪れ、再起について語り合っている模様です。

しかし、最近では、いずれは無実を自分の口で語り、堂々復帰するしかないと言っているようです。
ですから、裕太の活動開始もそう遠くはないと思われますね。

-タレント

Copyright© エン男ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.