テレビ番組

チャゲアスASKAが覚せい剤をどのように使ったかを告白!

投稿日:

2014年の9圧に覚せい剤取締法違反で有罪判決、執行猶予中のASKAですが、この期間、2年くらいじっとした生活の中、色々考えることがあるかと言うと、それほど考えなかった、と言うASKA。

時間だけが過ぎていき、結局何もなかったら、自分の場合は仕事をすることで空虚な時間を埋めることが出来、自分の仕事に巡り合うことが出来て幸せだった、と明かしました。

1回吸うと11から12時間持つんです

覚せい剤を使用したことについては、罪悪感はあると思います、と告げたASKA。
目の前に現れた時には、それが覚せい剤とは思わなかったと言います。

1回吸うと11から12時間持つ、凄く覚醒し、覚せい剤とは知らなかったから1時間おきに使っていて、3週間も続けて、あの時は覚せい剤に全て支配されていたと語っています。
後にそれが覚せい剤と知った時、どうしようもなかった、と告白してみせたようですよ。

切れると全く起きれない

更にASKAは述べています。
覚せい剤が切れると、2日間や3日間、全く起きれない。
冷や汗の中でこんこんと眠り続けてしまう。
トイレに行く以外は殆ど寝ている状態で、動けない。
そう言っています。

また、仕事の際に眠り続けるわけにもいかなくて、また使ってしまう。
使ってはいけないと思いつつも使ってしまうんですよ。
途中からは必要なものと言う意識しかなかったと告白しました。
誘惑、再犯の可能性について言及すると、それはない、と否定したようですね。

7月には30年連れ添った妻と離婚したことを発表したASKA。
お互いに話し合って尊重して離婚したと言います。

覚せい剤の誘惑は強いと言いますから、ASKAが今後二度と覚せい剤に手を出さないことを祈るばかりです。

 

-テレビ番組

Copyright© エン男ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.