テレビ番組

過保護のカホコの終了でカホコロスの声も

投稿日:

初代は意識を失い、親戚中がかけつけるものの、自身の家族の問題も抱えており、仲を取り戻そうとする気配のない親戚にカホコは失望します。
そんな中、初代が意識を取り戻し、「家に帰りたい」と言いました。

最初から最後まで号泣

初代はカホコに1つの箱を持ってきて、娘達に見せるようにお願いをします。
その箱の中身は、初代が娘達を育てた思い出の品がぎっしり詰まっていました。
それを見た3人の娘は仲違いを終わらせることを決めたようです。
それを見た初代は、安心し、高畑充希と竹内涼真に言葉をかけて、生涯を閉じました。

その別れのシーンには、SNSでも「最初から最後まで号泣した」「最終回も絶対泣きそう」などのコメントが上がっています。
また、最初から最後まで号泣した、リピートしては同じ所でまた号泣、と言うコメントが多数寄せられています。

淋しいけれど、ハッピーエンドで終わって欲しいと言う視聴者多数

このドラマのラストでは、落胆している高畑充希を竹内涼真が励まし、結婚を確かめ合うシーンが描かれています。
前回の予告編で披露されていたシーンのキスシーンは未遂で終わってしまっています。
次回は最終回と言うこともあり、過保護のカホコロスになってしまっている、と言う声が相次いでいます。

いつになったらキス、ハグの押し倒しなのか?と不満とも言えるコメントや、焦らしに対するコメントも多く寄せられているようですよ。
それに、竹内涼真に会えるのも来週まで、高畑充希ロスに既になっている、と言うコメントも多いです。

淋しいけれど、やっぱりハッピーエンドで終わって欲しい、そんな意見も多数聞かれます。
カホコロスを嘆く声も沢山届いている過保護のカホコ。
そんなカホコの視聴率は未だに2ケタ台を保ったままです。
今クール最高の視聴率ではないでしょうか?

 

-テレビ番組

Copyright© エン男ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.