テレビ番組

テレ朝、ナスDの『陸海空』が大人気!早くも放送枠土10に。

投稿日:

長年に渡り、土曜9時枠で放送されている日テレの土曜ドラマですが、今春の改編で嵐にしやがれは2ケタ台を常に維持し続け好調の様子を見せています。

ボク、運命の人ですが低迷、ウチの夫は仕事ができないも低迷の一途

しかし土曜ドラマは4月期ka-tunの亀梨和也主演の、ボク、運命の人ですは平均9.6パーセントと初回から低迷しています。
根気の関ジャニ∞の錦戸主演の、ウチの夫は仕事ができないも初期あは11.2パーセントであったが、徐々に低迷を続け、9.1、8.5そして9.4に8.0とそれほど良くない数値を見せています。

時間帯が移動してからも2期連続で苦戦を強いられているのが日テレです。

ナスDが救いとなるか?

テレ朝は陸海空と言うドラマ、ナスDを番組スタートからおよそ半年でプライム帯昇格を決めたようです。
それには部隊やミステリー、ドローンなど地球を一周する冒険バラエティで、7月2日には大アマゾンSPとしてゴールデンに進出、日テレ系ザ!鉄腕!DASH!や世界の果てまでイッテQと言う裏番組を敵に回しつつも9.6パーセントの高視聴率を取っています。

10月の日テレ土曜ドラマは嵐の櫻井翔が主演の、先に産まれただけの僕で、亀梨や錦戸が主演するドラマよりは数字を取りそうな予感がしますよね。
しかし油断するとナスDに視聴者を取られかねない可能性も出てきた訳です。

ただ、ナスDにも弱点があり、視聴者が求めているのは部族アースやハーバード大学卒のCIA内定者の経歴を持つインテリタレントが入り込む豪華客船アースのみ。
それなりの数字を取ろうと思うのなら、毎週の内容を練り直す必要がありそうですね。

いずれにしても土曜ドラマの救世主となるのはナスDであることに間違いなさそうです。

-テレビ番組

Copyright© エン男ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.