投資・節約・経済圏を活用して資産を増やす情報を更新

リーの投資×節約で1億円貯めるブログ

楽天経済圏

楽天お買い物マラソンの仕組みとコツ

投稿日:

楽天経済圏の核となる国内最大級のECサイト・楽天市場で開催されている楽天お買い物マラソンを上手に活用することで、どんどん楽天ポイントが貯まってお得になります。

楽天お買い物マラソンを有効活用するためには、以下のポイントを抑えておくことが大切です。

楽天お買い物マラソンについて

  • 楽天お買い物マラソンは毎月開催されるが開催日は固定されていない
  • 楽天お買い物マラソンを上手に活用すると最大ポイント44倍になる
  • 期間中は通常よりも安く購入できる場合が多い
  • ポイントアップには事前にエントリーが必要
  • さらにポイントアップするタイミングを見極めるのが大事
  • ポイント還元は上限があるので購入金額をよく考える
  • ポイントアッププログラム・SPUを強化しておく

このように、楽天お買い物マラソン期間中は購入するタイミングなど効率よくポイントを獲得する方法を見極めることが大切です。

この記事では、楽天お買い物マラソンを有効活用する方法を詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

楽天お買い物マラソンの基本情報

大手のECサイトとしては、国内最大級のECサイトでもある楽天市場ですが、普段の買い物時よりもお得になるようなキャンペーンを度々開催しています。

お買い物マラソンもその一つです。
まずお買い物マラソンとはどのようなイベントなのか、概要を把握しましょう。

また、お買い物マラソンを理解するうえで欠かせないのが付与ポイントについてです。
どのくらいポイント還元されるのかについても併せて解説します。

 

楽天市場にて毎月開催されるセール

楽天お買い物マラソンは、楽天市場内にて毎月開催されているセールイベントです。

基本的にはひと月に1回ですが、月によっては2回開催されることもまれにあります。

開催日に関しては固定されていません。よって事前にお買い物マラソンの日程を予測しづらいのですが、ここ最近では以下の日からスタートする傾向が強いです。

  • 4日
  • 9日
  • 19日

いずれにしろ開始2~3日前になると告知されますから、日付が近づいたらチェックしましょう。

開催期間に関しては毎回異なりますが、基本的に5日間~7日間に設定されることが多いです。

また楽天お買い物マラソンは、基本的に楽天市場における全商品を対象としたセールです。
しかし商品券など換金性の高い商品に関しては、一部対象外となっています。

 

楽天スーパーセールとの違いは?

楽天市場では、お買い物マラソン以外にも以下のようにさまざまなセールが開催されます。

  • 楽天スーパーセール
  • 超ポイントバック祭り
  • 楽天イーグルス感謝祭
  • 楽天ブラックフライデー
  • 楽天大感謝祭

この中で楽天お買い物マラソンと並んで代表的なのが、楽天スーパーセールです。
楽天スーパーセール期間中はテレビCMなども頻繁に放送されることから、知名度としてはこちらの方が上かもしれません。

楽天スーパーセールはお買い物マラソンとは異なり、年4回のみの開催となっております。
3の倍数月に実施されることがほとんどです。

セールの特色として、楽天お買い物マラソンでは買いまわりによるポイントアップが目玉となっています。
一方で楽天スーパーセールは買いまわりの実施だけでなく、50%オフなどの値引き商品も市場に沢山放出されます。

よって、よりお得感が強いのは楽天スーパーセールです。
しかし前述の通り楽天スーパーセールは開催頻度が低いため、普段のお買い物にはあまり向きません。

楽天スーパーセールの説明ページ

楽天経済圏攻略のためには、より日常使いをしやすいお買い物マラソンも併せて攻略していく必要があるでしょう。

楽天経済圏はこちらで詳しく解説

楽天経済圏の仕組みまとめ

 

楽天お買い物マラソンによって貰えるポイントは最大44倍

楽天お買い物マラソンの概要を掴んだところで、次に付与されるポイントについて解説します。

普段の楽天市場でのお買い物におけるポイントは1%還元ですが、お買い物マラソン時は最大で44倍になります。

その内訳としては以下です。

ポイント獲得方法 ポイント倍率 ポイント獲得上限 ポイント種別
通常ポイント 1倍 なし 通常ポイント
ショップ買いまわりでのポイント 最大9倍 7000ポイント
(2021年2月現在)
期間限定ポイント
ショップ個別のポイントアップ 最大19倍 なし 通常ポイント
楽天SPUによるポイントアップ 最大15倍 各サービス及び会員ランクごとに設定あり 通常ポイント

この表から分かる通り、お買い物マラソンによって付与されるポイントは、1パーセントの通常ポイント以外では大きく以下の3本立てとなっています。

  • ショップ買いまわりでポイント最大9倍
  • ショップ個別のポイントアップ最大19倍
  • 楽天SPUによるポイントアップ最大15倍

これら全ての条件が揃った時にポイントが最大44倍となるわけです。
このうちショップ買い回りでのポイントアップと楽天SPUによるポイントアップは、自分の努力によってある程度何とかできる部分です。

一方ショップ個別のポイントアップに関しては、自分で操作のしようがありません。
ポイント倍率の高いショップを狙って購入する手もありますが、不要なものを購入してしまっては本末転倒です。

19倍のポイント倍率が設定されているショップを探すよりは、自分が欲しい商品の倍率が高ければラッキー程度のスタンスで構えることをおすすめします。

もちろん、同じ商品が複数店舗で売られている場合、少しでもポイント倍率の高い店舗を選択する方法もあります。
とはいえポイント倍率が高くても商品自体の値段が高いことも多く、比較が大変です。

なるべく評価の良いショップで購入することも大事ですから、ショップ個別のポイント倍率にだけこだわりすぎず、総合的に判断した方がよいでしょう。

一方でお買い物マラソンの目玉でもあるショップ買いまわりでのポイントアップは、狙う価値があります
掘り下げて解説しましょう。

 

ショップの買いまわりにおけるポイントは最大10倍

お買い物マラソン時は、複数の店舗で買いまわりをおこなうと、貰えるポイント数が最大10倍にアップします。
1店舗でのお買い物ですと通常時と同様1倍ですが、2店舗で購入すると2倍のポイント還元が受けられます。

同様に10店舗で購入した際は、ポイント最大10倍となります。
買いまわりは最大10倍のため、11店舗以上で購入しても付与されるポイント数は10倍のままです。

よって11店舗以上で買い物する予定がある場合は、次のセール時に持ち越した方がポイントを最大化しやすくなります。

また1~2店舗で高額な買い物をするよりも、少額の買い物を10店舗で行う方がポイントの恩恵を受けやすくなるのも、お買い物マラソンにおける特徴でしょう。

 

楽天お買い物マラソンのポイントが反映されるタイミング

楽天お買い物マラソンによるポイント付与タイミングですが、ポイント獲得方法ごとにカウントが異なります。

通常ポイント及びショップ個別のポイントアップは、お買い物から20日前後で付与されるのが一般的です。
SPUと買いまわりでのポイントアップは別カウントで計算されるものの、付与タイミングとしては買い物をした翌月の15日頃と一緒です。

つまり一度に最大44倍分全てのポイントが付与されるわけではなく、別々での反映となります。
この点が勘違いしやすい部分ですから、注意しましょう。

 

お買い物マラソンのメリットは普通に購入するよりも安く買えること

楽天お買い物マラソンのメリットは、やはり安さです。
買いまわりによってポイント倍率が上げられますので、複数商品を購入する場合は通常時よりも多くポイント還元を受けられます。

またお買い物マラソンのタイミングに合わせて割引をおこなう店舗も多いです。
楽天スーパーセール時と比較するとセール価格となる商品数は少ないものの、それでもさまざまな商品が安くなるため、購入を考えている商品が割引価格となるケースも十分にありえます。

またお買い物マラソンに合わせて色々なクーポンが用意されることから、上手に活用できればかなりお得です。

通常時は買い物を控え、お買い物マラソンまで待ってみるというのも方法の一つでしょう。

 

お買い物マラソンのタイミングで便乗値上げをするショップもあるのがデメリット

お買い物マラソン開催におけるデメリットは基本的にありませんが、マイナスポイントとして、便乗値上げをしてくるショップが存在する点があげられます。

前述の通りお買い物マラソン期間中は割引クーポンなども配布されますし、買いまわりがお得となるため、値段を気にせず買い物をしてしまいがちです。

そんな消費者心理を狙ってあえて価格を少し吊り上げるショップもあることから、注意しなければなりません。
お買い物マラソン開始前の価格をよく覚えておきましょう

また人気商品に関しては売り切れが早いです。
お買い物マラソンまで待ってしまうと買えないケースもありますので、この辺は駆け引きになります。

本当に必要なものに関しては、お買い物マラソンまで待たずに確保してしまう判断も時には大事かもしれません。

 

楽天のお買い物マラソンを賢く使う方法を徹底解説!

楽天お買い物マラソン時のお得を最大化するためには、使い方を工夫する必要があります。

ただ何となく開催期間に買い物をするだけでは、お買い物マラソンの良さをあまり活かしきれていません。

事前準備をおこない期間中の購入タイミングを工夫するだけで、ポイントが貰えることもありますし、ポイント倍率のアップにも繋がります。

また、お買い物マラソンでの購入に向いている商品もあればそうでないものもあるため、そこら辺の情報を知っておくと有利です。
楽天お買い物マラソンの攻略方法に関して解説します。

 

エントリーとクーポン取得を忘れずにおこなう

まず事前準備として欠かせないのが、お買い物マラソンにおけるショップ買いまわりへのエントリーです。

期間内にエントリーをしなければ、複数のショップでお買い物をしても倍率にカウントされません。

つまり通常時の1倍のままのため大損しますから、こちらに関しては必ず忘れずにおこないましょう。
ちなみにもし事前エントリーを忘れてしまったとしても、お買い物マラソン期間内にエントリーをしておけば基本的に大丈夫です。

エントリー前に買い物をした分も買いまわり対象にしてもらえます。
ただしお買い物マラソン期間中に一度もエントリーをおこなわないと、買いまわりに反映されないですから気を付けましょう。

またお買い物マラソン期間中は数多くのクーポンが配布されるため、そちらの取得も欠かせません。
クーポンはタダで取得でき、使用に関しても自由ですから、取得しておいて損はないでしょう。

対象店舗で使えるクーポンとショップ個別のクーポンがありますが、興味のあるクーポンはどんどん取得してしまうのがおすすめです。

 

お買い物マラソン間違い探しとスロットに参加しよう

楽天お買い物マラソンのタイミングに合わせて、ちょっとしたコンテンツが出現します。
参加するとポイント獲得ができますし、全会員が参加可能なもののため、やっておくとよいでしょう。

コンテンツの一つ目が間違い探しで、こちらはお買い物マラソン開催前に実施されます。
正解すると、正解者全員に上限100ポイントを目途として、100万円分の期間限定ポイントの山分けがおこなわれます。

もう一つのコンテンツであるスロットは、お買い物マラソン期間中、1日1回参加できるイベントです。
お買い物マラソン期間中に貰えるポイント、もしくは期間中のポイント2倍に当選することがあります。

どちらも参加する上でのデメリットではないですし、お得にお買い物できるチャンスのため積極的に利用しましょう。

 

購入タイミングを見極めよう

楽天お買い物マラソンを攻略するうえで、購入タイミングの見極めも大事です。

お買い物マラソンは5日間~7日間程度開催されるイベントになりますが、期間中の適当なタイミングで購入するのはNGです。

金銭的メリットを最大化できる日が存在しますので、そのタイミングに合わせて買うのが良いでしょう。
もちろん欲しい商品が売り切れとなる可能性もあるため駆け引き的な要素もありますが、ベストな購入日を知っておいて損はありません。

おすすめの購入タイミングについて解説します。

 

5と0の日を狙う

お買い物をする日は、5と0が付く日を狙いましょう。
たとえば、5日とか20日などです。

お買い物マラソンの期間は5日~7日間ほどありますので、1~2回ほど5か0が付く日にあたります。

なぜ5か0が付く日にするべきなのかと言いますと、5か0が付く日はポイント5倍キャンペーンを実施するからです。

このキャンペーンはお買い物マラソンと併用できるキャンペーンですから、他の日に買うよりもポイント還元率が増えます。
ポイント5倍キャンペーンにおけるポイント倍率の内訳は次の通りです。

5と0が付く日のポイント5倍キャンペーンにおける内訳 ポイント倍率
通常ポイント 1倍
楽天カードでの支払いにおけるポイントアップ 2倍
5と0が付く日独自のポイントアップ 2倍

このようにポイント5倍キャンペーンは楽天カードでの支払いが前提となっています。
他のお支払いですとキャンペーン適用外ですから注意しましょう。

また事前エントリーも必要で、お買い物マラソンのエントリーとは別におこなわなければいけません。
勘違いしやすいのが、お買い物マラソンにおけるポイント最大44倍とは、重複している部分があることです。

通常時の1ポイントと、SPU部分の楽天カード支払いによる2ポイントは重複箇所のため、お買い物マラソン時の0か5の日にお買い物をしても最大49倍とはなりません。

狙えるのは、重複分のポイントを除いた最大46倍までです。
とはいえ0もしくは5の日に購入するだけで2パーセント倍率が上がることから、有効活用すべきキャンペーンに違いありません。

 

スポーツチーム試合翌日を狙う

5か0か付く日以外にも狙い目があります。
楽天では以下のプロスポーツチームが勝利した翌日は、ポイント倍率が上がるキャンペーンを実施しています。

  • 楽天イーグルス
  • ヴィッセル神戸
  • FCバルセロナ

楽天イーグルスがプロ野球チーム、ヴィッセル神戸はサッカーJ1リーグのチームとしてお馴染みです。(2021年2月現在)
FCバルセロナはサッカースペインリーグのチームで、楽天はこの3チームのスポンサーをしています。

こちらのキャンペーンもお買い物マラソンと併用可能ですから、試合がある場合は購入を待ってみるのも良いかもしれません。

ちなみに貰えるポイント倍率は1チームが勝利ですと2倍、2チームが同日に勝利なら3倍、全てのチームが同日勝利では4倍となります。

とはいえそもそも試合自体が毎日開催されませんし、オフシーズンですと長期間試合がありません
よって常に狙えるキャンペーンではないものの、お買い物マラソン期間中に試合を控えているようであれば勝利を願いましょう。

 

お買い物マラソン開始直後と終了間近を狙う

お買い物マラソンの開始直後と終了間近も、商品を購入するのに適したタイミングです。
最初の数時間あるいは終了間近の数時間限定の特別なクーポンが用意されるからです。

対象ショップが限定となりますが、最大で50%割引となることも多く、非常にお得に購入できます。
ショップ独自のクーポンもたくさん配布されるタイミングになりますので、気になる商品はあらかじめお気に入り登録しておき、クーポンが配布され次第購入するのが賢い買い方です。

また終了間際には、ポイントアップイベントが開催される傾向があります。
エントリーすることで貰えるポイント倍率がアップするため、簡単にポイント還元の恩恵を受けられますから、他のタイミングで購入するよりもお得でしょう。

 

楽天お買い物マラソンでの購入に向いている商品は?

楽天お買い物マラソンは買いまわりをすることでポイント倍率がアップするイベントです。
10店舗で購入することでポイントが10倍となるため、色んなショップで購入するほどお得になるという特色があります。

とはいえ欲しい商品が10個も思いつかないという方もいらっしゃるでしょう。
特別欲しいものでなくても、あって困らないものをとりあえず購入しておく方法もあります。

たとえば以下の商品は価格もそれほど高価ではなく、いずれ使える可能性が高いもののため、買いまわりに適した商品です。

  • 食品
  • 日用品
  • 回数券
  • 化粧品
  • コンタクトレンズ

食品以外は腐ることもないです。
すぐに使う予定がなくても今後購入予定があるのなら、楽天お買い物マラソンのタイミングに合わせて買い溜めしておくと良いでしょう。

 

ふるさと納税の活用もGOOD

実はふるさと納税も買いまわりの対象です。
1自治体1店舗でカウントされるため、欲しいものが特に思いつかない場合はふるさと納税をおこなっておく方法もあります。

他のサイトでふるさと納税をおこなっても返礼品による還元と税金の控除を受けられるだけですが、楽天でふるさと納税をおこなうとそこにポイント還元も加わります

ふるさと納税は実質2000円の自己負担で返礼品を受け取れる仕組みですが、楽天のポイント還元を受けると実質0円で利用できるケースもあるため、非常に魅力的です。

よって欲しい商品が少ない場合には、ふるさと納税を活用することで買いまわり数を増やすのが有効な方法です。

 

楽天お買い物マラソンにおける注意点は?

お買い物マラソンは通常時のお買い物よりもポイント倍率を高めやすく、上手に活用することで高ポイント還元が狙えるイベントです。

しかし独自のルールも多く、きちんと理解していないと恩恵を受けられません。
場合によっては買いまわりのカウントがされていなかった、などということもありますので、正しく仕組みを理解しながら使うことが大切です。

楽天お買い物マラソンにおいて把握しておくべき注意点を詳しく解説します。

 

ポイント還元には上限が設定されている

楽天お買い物マラソンの買いまわりによって貰えるポイント上限は、7000ポイントです。(2021年2月現在)

以前は10000ポイントでしたが、7000ポイントに変更されています。
よって77777円分のお買い物まではポイントが付与されますが、それ以上の購入分に対してはポイント加算されません。

たとえば20万円分購入したとしても、買いまわりキャンペーンにおいて受け取れるポイントは7000ポイントまでということになります。

ちなみに77777円分を超えた部分に対しても、通常ポイントの1パーセントは付与されますが、買いまわり特典におけるポイント10倍と比較した場合、受け取れるポイントが大幅に小さいです。

またSPUによるポイントも別カウントですが、SPUは対象サービスや会員ランクごとにポイントの上限設定がされています。
そしてSPUのポイント上限は月単位で集計されることから、お買い物マラソン期間以外で当月中に買い物した分も含まれます。

いずれにしろ買いまわり上限の77777円分のお買い物であれば、SPUによる上限に達するケースは少ないためそこまで気にしなくてもよいのですが、買いすぎは禁物です。

77777円以上のお買い物になりそうな時は、次回のセール時まで持ち越すことも検討しましょう。

 

ショップの買いまわりにカウントされる購入には下限金額の設定あり

買いまわりとしてカウントされるお買い物金額には、下限設定がされています。

1ショップあたり税込み合計1000円以上です。
よって500円程度のものを購入したとしても、それは1ショップとしてカウントされません。

つまり1ショップの合計が1000円を超えるようにお買い物をする必要があります。

注意点として、クーポンなどを利用して買い物した場合、クーポン適用後の金額が1000円を超えていなければなりません

たとえば元の金額が1000円を超えていても、クーポンを使って980円になってしまった場合、買いまわり適用外です。

一方ポイントの利用であれば問題ありません。
ポイントを使って980円になったとしても、元の金額が1000円を超えていれば1ショップとしてカウントされます。

もう一つ注意したいのが送料です。
たとえば商品の金額が980円、送料が別で500円かかるケースですと、合計金額は1480円ですが適用外となります。

一方で送料無料1480円の商品を買った場合は1ショップとして扱われるため、この部分がややこしいです。
それぞれのケースをまとめたものが以下の表になりますので、参考としてご活用下さい。

買い物のパターン 買いまわりに
カウントされるかの基準
1ショップでの買い物合計1000円以上 カウントされる
1000円以上の商品がクーポン利用で100円未満となった場合 カウントされない
ポイント合算にて1000円以上の買い物をした場合 カウントされる
送料無料で1000円以上の買い物をした場合 カウントされる
送料別で1000未満の買い物をした場合 カウントされない

 

買いまわりで付与されるポイントは期間限定ポイント

もう一つお買い物マラソンにおける注意点として、買いまわりで付与されるポイントは期間限定ポイントである点です。
期間限定ポイントの有効期限は、通常ポイントよりも短く設定されています。

キャンペーンごとに期間限定ポイントの有効期限は異なりますが、お買い物マラソンですと翌々月末までの利用がタイムリミットです。

たとえば2月のお買い物マラソンにおけるポイントは、3月15日頃に付与され、消化を4月末までにおこなわなければならないという意味です。

約1か月半で使い切ってしまう必要があるため、上限の7000ポイントを獲得した時などは案外使い道に困るかもしれません。

 

期間限定ポイントの上手な活用方法は?

有効期限が決まっているポイントの使い道としておすすめな方法がいくつかあります。
たとえば以下です。

  • 楽天トラベルでの旅行予約
  • 楽天ビューティーでの美容室予約
  • ミスタードーナツやマクドナルドなど街中の加盟店での利用
  • 楽天でんきや楽天ガスで光熱費の支払いに充当させる
  • 楽天証券で積み立て商品購入費に充当させる
  • ふるさと納税
  • ギフトカードへの交換

旅行や美容室の予約など、サービス利用であればポイント消化しやすいです。

また楽天ポイントはネット上だけでなく街中でも使えますので、日常の飲食などに活用するのもおすすめです。

他にも楽天でんきの支払いや楽天証券での積み立て商品購入など、毎月欠かさず支払っているものに利用すれば、ポイント消化を忘れることもありません。
それでも使い道がないようなら前述のふるさと納税や、ギフトカードに換えてしまうのも良いでしょう。

楽天でんきとは?徹底解説

 

楽天ブックスと楽天デリバリーは1店舗としてカウントされてしまう

楽天ブックスや楽天デリバリーもお買い物マラソンの対象店舗です。
ただし楽天ブックスや楽天デリバリーで複数回買い物をしても、1店舗という扱いになります。

たとえば楽天デリバリーでピザと寿司を別の店に頼んだ場合でも、買いまわりのカウントは1度のみです。

よって欲しい本やDVDが複数ある際は、楽天ブックスと他の本屋を併用したり、デリバリーも別のショップがおこなっている宅配サービスを頼むなどの工夫が必要となります。

 

楽天お買い物マラソンを攻略しよう!SPUとアフィリエイトについて

楽天お買い物マラソンの攻略には、SPUに関する理解も必要不可欠です。
前述の通り、お買い物マラソンでの最大44倍というポイント倍率はSPUによるポイントアップも加わってのものになります。

お買い物マラソンでは10店舗の買いまわりを狙うことになるため、必然的に購入点数が増えます。
SPUのポイントアップは購入した全てのものに対して反映されますので、高ければ高いほどポイント還元が大きくなります

また、お買い物マラソンはアフィリエイトとも相性が良いです。
楽天がおこなう大きなセールの一つですから、多くの人が利用します。

必然的に記事が読まれるチャンスも増えるため、アフィリエイターとして稼ぎ時なのは間違いありません。
この項ではSPUに関する情報と、アフィリエイター向けの知識について解説します。

 

楽天経済圏の強化に欠かせないSPUとは

SPUとは楽天がおこなっているポイントアップのプログラムです。
楽天のサービスなどに加入することで、ポイント還元率が増えていく仕組みとなっています。

そのためステージが上になるほど、普段の楽天市場でのお買い物においてもポイント還元を多く受けられます。

先に説明した通り、買いまわりだけですと10店舗購入で得られるポイント倍率は10倍です。

しかしSPUでさまざまなサービスを利用することでポイント倍率はどんどん上がっていき、最終的にはポイントが16倍となります。

お買い物マラソンの買いまわりポイントだけでなくSPUのポイントも反映されることになるため、ぜひSPUを強化しておくのがおすすめです。

とはいえSPUには楽天市場アプリの利用などハードルが低いものもあれば、楽天でんきや楽天TVへの加入などややハードルが高いものもあります。
そのため全てをクリアしてポイント16倍を狙うのは厳しいかもしれません。

しかしお買い物マラソン前に最低限達成しておきたい部分として、楽天カードの利用があげられます。
掘り下げて解説します。

楽天SPUの仕組みを徹底解説

 

楽天カードは最低限設定したい部分

お買い物マラソン時はSPUと絡めてポイント倍率を高めるのが有効ですが、SPUの中でも楽天カードの利用は最低限設定しておきたい部分になります。

楽天カードで支払うことでポイント倍率が2倍になるため、ポイント還元が増えます。
それだけではなく、5と0が付く日のキャンペーンも楽天カードでの支払いが前提です。

他にも楽天市場におけるキャンペーンは、何かと楽天カードが絡んでくることから、もはや必須アイテムとなります。

さらにSPUのステージを上げるためにも、楽天カードがないと厳しいです。
たとえば楽天でんきの支払いはクレジットカードのみですが、楽天カード以外を利用するとカード支払いによるポイント還元が受けられません。

このように楽天ポイントを最大限得るために、楽天カードは欠かせないですから、お買い物マラソン前に用意しておくことをおすすめします。

 

お買い物マラソンでは楽天トラベルの活用もおすすめ

買いまわりの対象は楽天市場における商品のため、楽天トラベルは対象外となります。
ただし楽天トラベルはSPUの対象です。

利用することで同月内のポイント倍率が+1倍になり、買いまわりの購入分におけるポイントバックも大きくなります。
もし旅行や出張が決まっているのであれば、お買い物マラソンにチャレンジするタイミングで予約しておくとよいでしょう。

注意点として、1回5000円分以上の予約のみSPUに反映されます。

また予約月の2か月後末日までに実施しないと、ポイント加算はおこなわれません。
よって2か月後末日以内に5000円分以上の予約を伴う予定がある場合のみ、有効な手段になります。

 

楽天お買い物マラソン中のアフィリエイトで高収入を狙おう

アフィリエイトとは、ブログなどで商品やサービスの広告を紹介すると、売り上げに応じて成功報酬が貰える仕組みです。

ASPと呼ばれるアフィリエイト案件の取り扱いサイトに登録することで、さまざまな商品を紹介することができるようになります。

楽天は楽天アフィリエイトという独自のASPがあることから、楽天関連の商品をアフィリエイト可能です。

お買い物マラソンなど大きなセール中はアフィリエイトの成果も出やすい時期のため、有効活用するとよいでしょう。

アフィリエイトに関する基礎知識はこちらで詳しく解説しています。

楽天アフィリエイト解説

 

まとめ

楽天お買い物マラソンは月に1回程度実施される、楽天市場の人気セールです。
多くのショップを買いまわりすることでポイント倍率を高められ、10店舗の買いまわりでポイント10倍まで還元してもらえます。

SPUや他のキャンペーンと併用するともっと倍率が高くなりますので、上手に活用すると非常にお得なイベントです。

基本的な注意点として、買いまわりで得られるポイントの上限は7000円であること、税込み1000円以上購入しないと買いまわりにカウントされないことがあげられます。

よって1店舗で高価な買い物をするよりも、少額の商品を10店舗で購入した方が還元率が良いです。

このような特色から、日常の買い溜め品や回数券などを購入するのに向いているイベントとなります。

またふるさと納税ですと1つの自治体を1店舗としてカウントされるため、買いまわりショップを増やしやすいです。

お買い物マラソンのチャンスを活用し、少しでも多くの楽天ポイントをゲットしましょう。

-楽天経済圏

Copyright© リーの投資×節約で1億円貯めるブログ , 2021 All Rights Reserved.